所長ブログ(ameblo)
黒木忠税理士事務所
黒木忠税理士事務所facebookページ

お問合わせ

黒木忠税理士事務所

営業時間:9:30~18:00
休業日:土日祝日

お電話でのお問い合わせは
お問い合わせフォーム

ホーム > 会社設立の手続き

会社設立の手続き

会社設立な必要なものは?

会社設立な必要なものは?

会社設立をするにあたって、必要になるものや書類、決めておくべきことは数多くあります。
個人で設立をする場合は、必要なものを事前に確認して漏れ のないように気を付けなければなりません。代行サービスを利用した場合は適確なサポートが受けられますが、必要になるものは基本的に変わりません。事前に 確認しておきましょう。

■ 定款

会社設立には当然必要です。会社の運営や方針に影響するため設立後にも重要になるものです。会社の種類によって定款の内容は異なりますが、基本的には以下の3つの事項で構成されています。

絶対的記載事項定款に必ず必要な事項で、記載がないと定款そのものが無効になるもの。
相対的記載事項記載しなくても定款が無効になることはないものの、記載しなければその事項につき効力が生じないもの。
任意的記載事項
記載してもしなくても自由なもの。

なお、当サイトにてご依頼いただけると通常の定款を電子定款として作成できるため収入印紙代の4万円が不要となります。

■ 印鑑

会社代表者印代表者が「会社としての意思表示」を具体化するために必要になる印鑑です。会社にとって非常に重要なものなので、管理には注意が必要です。
銀行印会社名義の銀行口座開設に使用する印鑑です。代表者印との兼用も可能ですが、安全性や利便性を考えて別にすることをお勧めします。
角印業務用の印鑑で、請求書や領収書などに使用します。必ず用意しなければならない印鑑ではありませんが、トラブル防止に役立ちます。
会社ゴム印会社名・代表者名・所在地・電話番号といった情報を常に記入する必要がある場合(契約書や封筒など)に使用する印鑑です。

■ 登記申請に必要な書類

払い込み証明書会社設立の必須条件である出資の払い込みを証明する書類です。現金のみによる出資の場合は銀行通帳のコピーでOKです。
役員就任承諾書役員が就任に承諾したことを証明する書類です。
印鑑証明書設立手続の際に取締役のものが必要になるほか、株式会社の定款認証時には発起人全員の印鑑証明書が必要になります。なお、印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものに限られます。

設立前に決めておくべきこと

設立前に決めておくべきこと

会社設立をお考えの方は、設立前に決めておくべきことが何点かあることをご確認ください。

できるだけ詳しく、かつ複数の候補を決めておくことがスムーズな会社設立に繋がるでしょう。

■ 決めるべき事項

商号同一住所である場合、同一商号は使用できません。また、会社の形態を表す言葉(「株式会社」など)を入れる必要があります。
本店住所たとえ代表者が同一であっても、既存の会社と同一の商号・同一の住所では設立できませんので注意が必要です。
決算日決算日は通常、月末に設定されています。設立日より出来るだけ遠い日を指定するとよいでしょう。
目的会社の事業内容を想定し、複数の候補を挙げておきましょう。その際には、将来的に予想できる事業も含めて決定することをお勧めします。
資本金額現在では1円からでも会社設立が可能ですが、資本金は会社の信用や規模を表す指標にもなるため、慎重に設定することが重要です。