所長ブログ(ameblo)
黒木忠税理士事務所
黒木忠税理士事務所facebookページ

お問合わせ

黒木忠税理士事務所

営業時間:9:30~18:00
休業日:土日祝日

お電話でのお問い合わせは
お問い合わせフォーム

ホーム > 依頼先選びのポイント

依頼先選びのポイント

法人設立を無理に勧めない事務所であること

法人設立を無理に勧めない事務所であること

当事務所ではご相談にいらした方に無理に法人設立をお勧めすることはありません。

初めて起業する方であれば、状況により法人形態より個人事業形態をおすすめする場合もあります。また、法人成りを検討されている方については法人成りした場合の試算をして、個人事業と比べて税金、社会保険料がどのように違うか、その他のメリットデメリットをご説明した上でご判断頂くようにしております。


直接専門家と話や相談ができる事務所であること

直接専門家と話や相談ができる事務所であること

専門家に依頼したにもかかわらず、実際に対応してくれるのはいつも事務員さん、という事務所が少なくないと聞きます。

単純な書類のやり取りや進捗状況の確認など、事務連絡の次元の話であればそれも問題ないでしょうが、酷いケースでは、資格者である所長は実際には事務所に 殆どおらず、「担当者」という名の下に資格のない事務員さんが書類の作成や手続もすべて行っている、という事務所も有るようです。

当然、このような事務所では、お客様との十分な意思の疎通も、ご満足頂けるサービスの提供も、できる筈がありません。

必要な時に、直接専門家と話や相談ができ、専門家と起業家との間に信頼関係が築ける事務所であるということも重要なポイントです。

定款の電子認証に対応している事務所であること

■ 定款の電子認証は、ここ数年の間に新しく始まった制度です。

当然、これらに対応するには、それなりの知識を身につけなければなりませんし、ネット環境や電子認証システムの導入など設備投資も必要になります。
このことから、逆に定款の電子認証に対応していない事務所であるということは、


● 最新の法律や制度などに対応しようとする業務姿勢が欠けている

● 保守的で自分の仕事のスタイルをお客様にも押し付けている

● 結果的に印紙や税の軽減を受けられず、その分お客様に不利益を強いている

といっても過言ではありません。
このような事務所は、本当にお客様のためを思って働いてはくれないでしょう。

設立後も良きパートナーとして、相談できる事務所であること

設立後も良きパートナーとして、相談できる事務所であること

会社設立手続きは、非常に重要であって欠かすことのできない手続ですが、それは「法人」である会社の一生からみれば、ほんの一つのプロセスに過ぎません。

会社設立後は、会社を設立しようとしている今現在は思いもよらないような経営環境の変化や業務の多様化など、様々な問題に直面するはずです。

そんなとき、会社設立の時ばかりでなく、設立後も良きパートナーとしてあなたの会社を支えてくれる事務所を選んでおけば、何かと安心で心強いものです。

一過性の作業として会社設立代行を請け負う業者を選んでしまうと、いざ問題に直面した際に、社長であるあなたは、どこにも相談することができない不安に苛まれることになってしまうでしょう。