所長ブログ(ameblo)
黒木忠税理士事務所
黒木忠税理士事務所facebookページ

お問合わせ

黒木忠税理士事務所

営業時間:9:30~18:00
休業日:土日祝日

お電話でのお問い合わせは
お問い合わせフォーム

ホーム > 依頼の流れ

依頼の流れ

実際の手続きの流れ

会社設立のためにクリアすべき手続きは多岐にわたります。こちらでは会社設立までの流れをご紹介します。

ご確認の上、設立のために役立ててください。

STEP 1・・・会社の詳細決定

STEP 1

会社設立の手続きをする上で最初に決めなければならないのは、「会社の商号・目的・本店住所」の3つです。

なお、既存の会社と同名・同業であっても設立は可能ですが、設立後の問題(商標権の侵害など)を防ぐためにも事前確認を行いましょう。

矢印

STEP 2・・・商号を調査

STEP 2

同一商号かつ同一住所でなければ、法律的には問題ありませんが、設立した会社と同じ市区町村内 に、ほぼ同一の事業を行っている類似した商号の会社があった 場合、後にトラブルが生じる可能性があります。

場合によっては損害賠償まで発展するケースもあるため、事前に管轄法務局で類似商号を調査することは必須で す。

矢印

STEP 3・・・印鑑作成

STEP 3

会社の印鑑は設立時だけでなく、会社を運営していく上で必須です。

矢印

STEP 4・・・定款作成・認証

STEP 4

事前に決定した「商号・目的・本店住所」以外の必要事項を決め、会社運営上のルールとなる定款を作成します。

定款が効力を持つのは、公証人役場で認証を受けてからになります。 

矢印

STEP 5・・・出資金払い込み

STEP 5

会社を設立する発起人の口座に出資金を振り込みます。

矢印

STEP 6・・・必要書類・登記申請書作成

STEP 6

会社設立に必要になる申請書と、添付書類(役員の就任承諾書など)を作成します。

矢印

STEP 7・・・登記申請

STEP 7

会社設立の登記を法務局に申請し、登記が完了したら会社誕生となります。

矢印

STEP 8・・・諸官庁への届け出

STEP 8

登記が完了したら、税務署や社会保険事務所といった諸官庁へ届出をします。
ここまでで法的な手続きは完了です。